2013/01/22

平熱感のドラマ『まほろ駅前番外地』と『ビブリア古書堂』


今クールは久々にドラマを見てます。

『まほろ駅前番外地』と『ビブリア古書堂の事件簿』。
どちらも熱くない演出というか、平熱感があるところが気に入ってます。
たいして盛り上がらない話ばかりだし。。
ゴリ押しで嫌われてる剛力彩芽だけど、意外といいじゃないか。
AKIRAはなんだかギバちゃんに見えてきた。

『まほろ駅前番外地』では、元ゆらゆら帝国の坂本さんがエンディングを歌ってる。イントロが格好いい。『ビブリア古書堂の事件簿』では、エレクトロなBGMがかかっていて、これはm-floの人がやっているらしい。エンディングはエレクトロアレンジのネヴァーエンディングストーリー。

m-floなんて全く興味なかったけど、ドラマの主題歌というか挿入歌というか、クライマックスで流れるオートチューンのヴォーカルが乗ったエレクトロの曲はわりといいな、と思いました。Searchingという曲です。
曲はこちらで視聴できます。
Searching – 「ビブリア古書堂の事件手帖」オリジナル・サウンドトラック

下記はサントラのアルバム。こちらも視聴できるので、聞いてみて下さいな。

「ビブリア古書堂の事件手帖」オリジナル・サウンドトラック

というわけで、あとは八重の桜を見るかどうかだ。もう始まってるけど。
あと、NHK土曜枠でメイド・イン・ジャパンが始まるんだな。。

このサイトは役に立ちましたか?

View Results

Loading ... Loading ...
Top