2018/10/06

WordPressサイトをサーバー移転&SSL化した手順

全体の流れ

サーバー移転
・WordPressのデータとデータベースはプラグイン「All-in-One WP Migration」でエクスポート
・念のためデータとデータベースをバックアップしておく
・新サーバーにWordPressをインストール
・WordPressのデータとデータベースをプラグイン「All-in-One WP Migration」でインスポート

SSL化
・サーバー上でSSL化利用をオンにする
・プラグイン「Really Simple SSL」でSSL化する。
・プラグイン「Search Regex」でhttp:→https:へ置換する。

1.旧サーバーのデータベースをエクスポート

1.WordPressを最新バージョンにアップデータする。
2.「All-in-One WP Migration」でエクスポート
3.FTPソフトでデータを全ダウンロード
4.phpMyAdminでデータベースをエクスポート(使わなかった)
5.静的ファイルをプラグイン「Simply Static」で出力しダウンロード(使わなかった)

2.ドメイン移行&WordPressインストール

3.「All-in-One WP Migration」でインポート

4.レンタルサーバーの管理画面でSSL利用をオンにする

5.「Really Simple SSL」でSSL化する

6.「Search Regex」でhttp:→https:へ置換する

ここまでで一応サーバー移転&SSL化は完了。

しかし「Really Simple SSL」プラグインを常駐させておくのはモヤッとするので停止にした。停止にするとまたhttps:→http:に戻るので、もう一度WordPressの設定→一般から「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」の2つをhttp→httpsに変更する。その他の部分は「Search Regex」で置換してるので大丈夫そう。

ただ、サイトを確認すると、ウィジェットやheader.phpなどに直接http:~と記述しているところはそのままだったので、手書きでhttps:~に修正。「Search Regex」ではこの辺が完全には置換できないらしい。

結果的に「Really Simple SSL」は使わなくても良かったんじゃないかな、と思いました。でも、http:に来るアクセスをhttps:にリダイレクトするのはこのプラグインがしてくれてたのか。。

ということで最後に、http:→https:へのリダイレクトのために、.htaccessファイルに少し記述。こちらの方の記事を参考にしました。

このサイトは役に立ちましたか?

View Results

Loading ... Loading ...
Top